色彩(カラー)が活かせる分野

色彩(カラー)が活かせる分野はこんなにたくさんあります。あなたの興味は何ですか?どんな仕事をしてみたいですか?

豊かなライフスタイルに欠かせない色彩(カラー)

私たちは色彩(カラー)に囲まれています。しかし、適切な色選びは難しく悩まれることも多いのではないでしょうか。カラーコーディネートのスキルを身につけると、色選びに自信が生まれセンスアップできるほか、日々のライフスタイルがクリエイティブで豊かなものになります。色彩生活®カラースクールの生徒さんの多くは、はじめて学ぶ方々で、積極的に色彩(カラー)を扱う楽しさを実感されていきます。また、在校中自分の適性を見つけ、習得したスキルを活かしステップアップされた生徒さんが、以下の様々な業界で活躍しています。

色彩(カラー)を学んで活躍できる仕事

インテリア・雑貨

インテリアはコーディネートするアイテムが多いため、色彩(カラー)をキーにイメージをつくることができます。適切な色彩調和や照明色の選択は、人々の生活や商業空間に安らぎや活気を与えます。

  • ・インテリアコーディネーター
  • ・住宅展示場
  • ・インテリア雑貨店・家具店

ファッション・アパレル

ファッションコーディネートにおいて、色彩(カラー)は、形や素材とともに重要な要素です。TPOや目標イメージ、似合う色、トレンドなど、お客様へのアドバイスに色彩(カラー)のスキルは欠かせません。

  • ・アパレルショップ
  • ・ファッションコーディネーター
  • ・アパレルメーカー(企画)

ヘア・メイク・ネイル

ヘア・メイク・ネイルなど美容業界は色彩(カラー)の流行に敏感です。お客様をより美しく魅力的にするのも、色彩(カラー)のスキルです。また、色を混ぜる機会も多く、混色の知識も必要不可欠です。

  • ・美容師(ヘアスタイリスト)
  • ・化粧品メーカー・コスメ店
  • ・ネイリスト

ブライダル・フラワー

新婦のドレスはもちろん、フラワーやテーブルクロスなどカラーコーディネートが重要なブライダルは、とても人気の業界です。美しく彩られた色彩(カラー)は、お客様の感動を呼びます。

  • ・ウエディングプランナー
  • ・ドレスコーディネーター
  • ・フラワーショップ・ホテル

グラフィック・ウェブデザイン

ポスター・雑誌広告などのグラフィックデザイン、ホームページを制作するウェブデザイン。どちらも印象に残る魅力的で分かりやすいデザインの実現に色彩(カラー)のスキルが効果を発揮する業界です。

  • ・広告代理店・印刷会社
  • ・グラフィックデザイナー
  • ・ウェブデザイナー・プランナー

商品デザイン・企画

商品の色やカラーバリエーションは売上を左右するため、色彩(カラー)のスキルが必要不可欠な業界です。マーケティングを含めた商品色彩の知識は、今注目のものづくり企業で、即戦力として期待されています。

  • ・メーカーの商品企画・開発
  • ・広告代理店の企画・プランナー
  • ・自社ブランドをもつ企業の企画

フード・飲食

来店者を増やすためにメニュー展開や店舗づくりと様々なアプローチを行うフード・飲食業界。おいしそうに見える料理の配置、目を惹くPOPなど、色彩(カラー)のスキルが総合的に活かせます。

  • ・フードコーディネーター
  • ・フード・飲食業の企画運営
  • ・パッケージ会社(包装資材など)

医療・福祉・心理

医療・福祉業界では、利用者が安心できる空間やサービスの提供のために、色彩(カラー)が有効です。高齢者には見えにくい色彩(カラー)もあり、正しい知識は患者さんや入居される方の満足度に繋がります。

  • ・病院・クリニック
  • ・介護施設
  • ・医療・福祉施設のカウンセラー

建築・不動産

建築物の外観色彩(カラー)は、簡単にやり替えができないうえ景観との調和も重要です。また、色彩(カラー)がコンセプトのリノベーション物件も増加中で、活躍の場が広がっている業界の一つです。

  • ・住宅メーカー・リフォーム会社
  • ・エクステリア(外装)メーカー
  • ・不動産会社・住宅施工会社

カラースクール

  • 色彩生活® カラースクール
  • コース紹介
  • 無料相談会&体験レッスン
  • マスターコース[人気No.1]
  • ライフスタイル色彩コース
  • その他のコース
  • 生徒さんの声[ステップアップ成功談]
  • 色彩(カラー)が活かせる分野
  • 学びやすい支援制度
  • 色彩カラーの資格
  • スクール選びのお役立ち情報
  • 求職者支援訓練